ガンの最新治療法を知りたい

日々進化しているガンの治療法について

時代とともに増えていく新しい選択肢

簡単に言うと、何かのきっかけで正常に分裂することができなかった体内の細胞が異常な状態のままで細胞分裂を繰り返し増殖していき、ガン細胞となって発症してしまうのがガンだと言われています。
そのきっかけについてはっきりと断言することはできないようですが、喫煙や飲酒をはじめとする生活習慣やストレスが引き金になることが多いと考えられているようです。

これは他の病気についても言えることなので、高齢化社会となってきた最近の日本では保険診療による医療費の負担を抑えようと各種健康診断が見直されるようになってきました。
生活習慣病などを予防することができれば正常な形での細胞分裂を促すことができるので、健全な体を保つことができるというわけです。

しかし、これが叶わずに細胞が一旦ガン化してしまうと暴走を始めて異常な細胞を次々と作り出すことになるので、ガン細胞の増殖は止まらなくなってしまうといいます。
そして暴走を始めたガン細胞は制御不能となり、臓器の垣根を超えて体中に広がっていってしまうのです。
この状態が転移と呼ばれるものでたとえ手術などで主要なガンを取り除いたとしても、ガン細胞が体内に残っていた場合にはまた増殖をくり返していわゆる再発という状態になってしまいます。
一般的にこのような再発が5年の間起こらなければ、ガンを克服できたとの見方をすることが多いようです。

以前に比べて、ガンは治らない病気ではなくなってきたと言います。
最新の治療法も含めたくさんの選択肢の中から患者さんに合った治療法を選んで納得のいく治療をしていくことが大切なのではないでしょうか。

TOPへ戻る