日々進化しているガンの治療法について

>

なぜガンを発症してしまうのか

第四のガン治療と言われる免疫治療

免疫というものは、体内に侵入してきたウィルスなどの異物に対して攻撃をして排除する生体防御機構のことをいうのですが、この仕組みに大きく関わっている免疫細胞やサイトカイン、抗体などの働きを活発にすることによってガン細胞の動きを阻害しようという治療法が免疫治療です。

この免疫治療は手術・薬物療法・放射線治療という三大治療に次いで第四のガン治療と言われていて、具体的にはサイトカイン療法や細胞免疫療法のほかワクチン療法や抗体療法、BRM療法などたくさんの種類があるといいます。

またガン細胞は熱に弱いとされていることから、全身や局所を加温してガンを治癒させようという温熱療法や、食品由来成分などによって効果を得ようという代替医療などもあるようです。


あらゆるガンに対応できる遺伝子医療

三大治療と並行して行っていくことで効果を増幅させることができると言われているのが、ガン遺伝子医療です。

ガン遺伝子医療というのは、暴走を始めてしまった細胞を食い止めて自然な形で細胞死するように遺伝子操作する治療で、正常に機能している他の細胞を痛めることがないため副作用の心配もほとんどないといいます。
また薬物療法で効果を得られなかった場合や、すでに進行してしまったガンなどあらゆる段階のガンに対して効果が期待できるというのも見逃すことができません。
さらにガン遺伝子医療の魅力は主に点滴投与で治療できるという点です。
それなら入院しなくても治療ができますし、全身の細胞に対しての効果が望めますので適応範囲の広い治療であると言えるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る